【ソーシャルレンディング】クラウドリースのメリットとデメリット

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング戦国時代!というくらい多くの会社がありますね。

ソーシャルレンディングは信託保全がないので、

  • 会社本体が倒産した場合
  • 貸付先が破産した場合

には、資金が0になるリスクがあります。

他にも支払いが滞る可能性もありますね。

 

その他のデメリットで言えば、分配金が毎月発生するので利回り面でも微妙だったり、貸付金が返済されるまで引き出せなかったり、いろいろあります。

そういったリスクを踏まえても、やっぱり高利率の利回りは魅力的です。

 

いろいろなソーシャルレンディングが行える企業がありますが、どの企業も5%~13%と高い利回りが望めます。

私はその中でクラウドリースで投資を行っていて、現在の投資状況をまとめてみました。

 

【ソーシャルレンディング】クラウドリースで投資中です

クラウドリースのメリットは、

  • 2万円からの少額投資
  • 運用期間が一年以内のものがメイン
  • 10%前後の高利回り

という点です。

 

ソーシャルレンディングを行うにあたって一番怖いのが投資したお金が返ってこなかったり、企業が倒産してしまうことです。

クラウドリースなら少額から短い期間で回せるので挑戦しやすかったです。

 

例えば10万円を2年投資するには怖いですが、2万円を3ヵ月ならちょっとやってみようかな?と思えますよね。

そういう風に敷居が低く、かつ利回りがいいので数多くあるソーシャルレンディングの中でも一番オススメです。

 

今のところいろんなソーシャルレンディングの会社に投資はしていますが、実際に運用しているのはクラウドリースだけです。

 

現在のクラウドリースでの運用予定

 

2018年2月現在はこんな感じでやっています。クラウドリースでは毎月分配金が支払われて、1月の分配金も遅延なく頂きました。

 

投資している案件数は3件で、3月に2つ返還される予定です。

運用期間が違う案件が混ざっているのでややこしいですが、6万円を3ヵ月運用して、1,200円くらいになってるのかな…??

 

クラウドリースで実際に運用してみて

投資先はアミューズメント施設とありますが、厳密にはパチンコ店なのでそこが気になる方は別のソーシャルレンディングがいいですね。

パチンコ業界は出玉規制があったり、これからカジノができたり、斜陽業界ではあると思います。運用時期は少し注意かもしれません。

ただ、運用期間も短いので、様子見もしやすいのかなと思っています。

 

クラウドリースは案件数も多く、募集が埋まるのも早いです。分配金が支払われる日には新規案件募集のメールが弾幕のように届きます。笑

分配金をすぐに投資できるので、間を開けずにすぐに運用できるのもメリットだと思っています。

 

今の時点で貸し付けているお金は12月まで運用されるので、それに合わせて追加で投資していこうと思っています。

さすがに4月以降の毎月200円の分配金は寂しいですし。

 

今は株高で買うに買えないので、ソーシャルレンディングで運用しておいて、株安になってから投資するというのもアリだと思います。

2018/02/02

Posted by みぃみ